只の女好き

忘備録

本物の男になりたい 銀バー、スト坊主

21:30

アビーチさんと合流する。
コリドーへ、行きたい案件いなく0声掛け。
ディンさんに久々に会う
相変わらずイケメン*\(^o^)/*

のりたまバーへ

アビーチさん「DJブース前行きましょう!」
アビーチさん、ピー踊るw
最後アビーチさんに逆ナン来てたらしい笑
イケメンしばくw

声掛けたい案件いなく0声掛け坊主

考察
声掛けたい女の子がいなかったのは運も有る、でも妥協しない、居なければ潔く坊主を選ぶ。
のりたまバーで思ったのは、とにかく男も女もイケてない。
カッコイイ、綺麗は居るんだけどオーラがイケてないというか、、、、
見た目良いけど残念って人が多いのかなと。
偽物が多いというか、、、
のりたまバーは正直「時間」を消費したなと思った。
偽りの雰囲気って正直解るし、今までは必要だと思ってた、でももう必要ないかなと。
だったら自己投資に時間を掛けるべき。
少しでも本物の男に近づけられる様に切磋琢磨したい。

銀スト 即

可愛い
花柄スカート、カーディガンと明らかに男を意識した格好。
合コンかな?
正面からくる、どうしよ?
一度目が合う、向こうも意識してる。

ピー相手との距離詰める
相手は下を見てる、でもこちらを意識してるのが解る。

一瞬2人の間に無言の空間を作ってから、、、、

ピー「身構え過ぎでしょ?w」
OL子「笑」
ピー「どんだけナンパされてん?w、襲われる訳でもないし」
OL子「笑、恥ずかしい」
ピー「でしょ?w意識し過ぎ!笑」
OL子「笑」
ピー「嘘嘘、話してくれてありがとね^ ^、これから合コンでしょ?」
OL子「違いますw帰りますよ」
ピー「そんなTHEモテ子、男受け抜群!みたいな格好で?まぁいつ運命の人に出逢えるかわからんしねー、もしからしたら今とか?笑」
OL子「いや、ないです笑」
ピー「笑、そっちも意識してたんだし、〇〇(コンビニ)で飲み物買って話そ^ ^」
OL子「飲み物位なら良いですよー」

コンビニ前

ピー「仕事帰り?」
OL子「はい」
ピー「ここら辺なんだねー、どうりでオシャレな訳ね^ ^」
OL子「ここら辺じゃないんですよ!」
ピー「??、買い物してたん?」
OL子「はい」

ここで10分トーク
HUBへ
そこでも1時間程トーク
食い付きは有る、仕掛ける。
昔から使ってるロマーリオさんの甘えるルーティンで。
ピー「OL子って甘えるの苦手でしょ?」
OL子「んーそんな事無いよ」
ピー「そうなん?そう見えるのは俺に心開いてくれて無いだけ?」
OL子「うーん、、、そんな事無いよ」
ピー「本当に^ ^!俺は甘えるの苦手だから甘えられたいわー、OL子に笑」
OL子「笑、何それ?」
ピー「ん?理由なんて無いよ!話してて楽しいし、口説きたくなったんよ^ ^」
OL子「上手いねー」
⇦ここで違和感有るニュアンスの返し方
口説くのをストップ
ピー「何その言い方w」
OL子「いや、あのね、、、んーとね、」
ピー「どしたの?」

ここで本当は数字系バーに行ってた事。
最近別れた事。
友達に教えて貰って数字系バー行った事。
そこでナンパ師って存在を知った事を話される
w

OL子「この人ナンパ師なんだろなーって」
ピー「笑、なんでそう思ったの?」
OL子「今日だけで何人にも声掛けられたけど、やっぱ無視してたの、でも反応しちゃったし話した感じ嫌じゃ無かったから」
ピー「ふーん、、、」

なんとなーく沈黙w

ピー「笑、そんな申し訳なさそうな顔しない!」
OL子「笑」
ピー「まぁ、、、ね、いろんなナンパ師いるし信じられないかもしれないけど、俺の言葉に嘘は無いよ^ ^」
OL子「本当ー?」
ピー「うん、あとはOL子が決めれば良いよ!この後も俺といたいか、俺に価値を感じてるか^ ^、少なくとも俺はあんたと一緒にいたい、選んで」
OL子「ピーさんズルい、、」
ピー「笑、もう一軒行こう^ ^少し遠いけど俺のよく行くバーが有るから」
OL子「手馴れてるね笑」
ピー「まぁ遊び人だからね笑」

次のバーへ
その後ホテルへ

ノーグダ即

広告を非表示にする

獅子 昼ストツルッツル坊主

15:00〜19:00

17声掛け 0連れ出し0バンゲ

アビさん、あつしさんと、みんなソロで行動。

あつしさんと1時間地蔵トーク
いかに俺がフィーリングでやってるかを確認。

課題
俺自身の圧倒的オーラ不足。
兎にも角にもスト値向上。
和みのトークの時間を長く持つ事を意識する。
昼ストはスト値8以下 には声掛けない為、オープンすら難しい。
声掛けのやり方を再考する、オープンしなきゃ意味が無い。
⇦誠実に?フラットに?ぎこちなく?オープンマインド?
昼にいる層の状態の再考。
⇦買い物、エステ、ランチ、習い事、申し込み、待ち合わせ位か?
人混みが多く、平行トークが難しい。

昼スト即は1番難しい、が案件の質を下げれば出来る。
でも昼ストでしか出逢えない層に行く事に意味が有る。
続けていこう。

2次会 即

今回は酔って記憶が無いのでざっと
⇦今も若干酔ってますw

19:30 2次会

ピー、先輩と飲む。

うん、ベロベロ*\(^o^)/*

先輩「みんなカラオケ行くよー!」
ピー「行きまっしょう!*\(^o^)/*トイレ行ってきます!」

目が合う
会釈される

ピー「笑、こんばんわw」
2次会子「こんばんわー、酔ってますね笑」
ピー「はい笑、先輩に飲まされてベロベロです」

ピートイレ済ますと2次会子が外で待ってる

2次会子「良かったらお水飲んで下さい^ ^」

ピーここでムラッとくるw

ピー「ありがとうー^ ^、ちょっと話そ笑」
2次会子「笑、はい^_^」

こっから外に出て話す→手を繋ぐ→腰に手を回す→向こうから手を握ってくる
だったと思います。
記憶が曖昧ー*\(^o^)/*

ピー「LINE交換しない?出たら連絡する^ ^」

合流→タクシーイン→DK→直テルーホイン

ノーグダ即

ピー「なんで俺としたの?」
2次会子「笑った顔が可愛いかったから」

タイプ落ち*\(^o^)/*
即られてるやーつ*\(^o^)/**\(^o^)/*

広告を非表示にする

昼スト 即

狙っていたオシャレ系ギャル通る
ピーガン見
ギャルと目が合うがすれ違う

13:00

ピーUターンからのダッシュ!
ピー「すいません!ハァハァ‼︎」
ギャル子「はい?!」⇦かなり驚いてましたw
ピー「今すれ違ってめちゃくちゃタイプだったんでUターンしてダッシュで声掛けてしましましたw」
⇦昔から良くやる声掛け、ミスフィッツさんスタイルかな?
ギャル子「えーwありがとうございます^ ^」
ピー「買い物する気失せましたw」
ギャル子「笑」
ピー「あ、俺ピーって言います。お名前聞いても大丈夫です?」
ここでトーン落としてく。
ギャル子「あ、えー、〇〇です。」
⇦当然警戒してます、只すぐ教えてくれたので前向きにはこちらを見てるかなと。
ピー「〇〇さんなんですね!あの、これから用事ですよね、、、」
⇦あちらに選択権を与えてギャル子が誘導出来る形に「誘導」する、これで警戒心解けます。
ギャル子「いや、、セールだし買い物しよっかなって笑」
ピー「奇遇ですね!僕もかなり〇〇で買いました!」
⇦実際かなり服買ってますw
ギャル子「笑」
ピー「あの、、、もし良かったら話たいです!」
⇦ここで具体的な所は言わない、カフェも勧誘などリスクを頭に描かせる可能性有るので。
ギャル子「えー、大丈夫ですけど、、、」
ピー「やた^ ^!いきなり個人経営みたいな所行っても怖いと思うんで〇〇とかどうです?」
ギャル子「大丈夫ですよ^ ^!」

カフェイン

勿論相手は警戒、緊張しているので俺を客観的に見れる様にして、安心する状態にする
ピー「久々にカフェ来たなー^ ^、俺いつも〇〇飲むんですけど、〇〇〜〇〇〜」
⇦これは相手がリラックスして会話出来る状態じゃない時にするトーク、自分の過去の話をして相手に身構える時間を与えてあげるイメージ。
内容はいつもその場で考えてますw
ギャル子「そうなんですね〜、〇〇は〇〇だったんですか?」
⇦向こうからの質問が出てきたので、ここからはいつも通りトーク。

その間とブロリーさんとLINEしたり、普通に話してますw

14:30 ダーツへ移動
昨日りゅーくとLINEしててしたくなっただけですがw

ここでかなりはしゃぐ*\(^o^)/*
ボディタッチも向こうからしてくる。
こちらも腰に手をまわして話したりする。
完全にイチャイチャモードへ

15:00 DK⇦ダーツしてますw

ギャル子「私チャラいなー」
ピー「笑」
ギャル子「普段声掛けられても絶対反応しないんだよ?」
ピー「そっか^ ^」
DK
ピー「出よっか?」
ギャル子「何処行くのー?」
ピー「子供が^ ^行くよ」

ノーグダ即

広告を非表示にする

今後の目標(随時更新2016.7.23)

①スト値向上
ダサい見た目、雰囲気で刺さる女なんてたかが知れてる。
まやかしの雰囲気で騙せる女はリア充ではない、最低限周りにイケてる男は居ない、イケてる男に囲われてる女でも通用する最低限のルックスを身に付ける。
1.絶対的なオーラ付ける
例 ブロちゃん
例 「私なんて相手にされないと思ってた」って常に言われるレベルまで持ってく
2.抱く女で妥協しない
妥協した女に金かける位なら自分に投資するべき、その代わり本当に抱きたい女には金は惜しまない。
色んな女抱きだいって欲は減少してる、見た目の良い女、中身の魅力が強い女のみにする。
職業スペックは無視、その人自身が良いかどうかで判断。
3.ファッションの見直し
トレンド、自分が似合う似合わない含め掘り下げる。
サファリ系の体押しのファッションよりは少し中性的なイメージ。
4.髪型の見直し
ミディアムパーマへ
5.肉体改造、体力付ける(優先事項は体力)
ランニング 、筋トレ 火、木、日
いくら体がデカくたって、肌が小麦色だって本当のオーラは身に付かない、それは偽りのオーラ。バイタリティー向上に伴うオーラ取得の為。

②行動
1.前日に明日自分の為に何をするか決めてから寝る。
少しでも身になる事を積み重ねる。
2.時間の使い方の管理
オールは体に良くない、欲に負けて自分を消費するような行動はしない。
平日は終電で帰る。どうしても即りたい女のみオールOK。
金曜日出る場合はオール覚悟、本気で遊ぶ覚悟。本気ではっちゃける。
はらぺこ、アビーチさん辺りの1人でも即れる信頼出来る実力者と自由に楽しくやる。
土曜日は昼ストメイン、昼でしか出逢えないスト高狙いで行く。主に獅子、犬。
3.活動場所
平日メインは銀(コリドー以外)、ローカル
金曜日はコリドー、丘
土曜日は獅子
4.付き合う人の選定
人間は流される生き物、向上心の有る人、自分に持ってない物を持ってる人、本当に尊敬出来る人と付き合う。
最低限ダメ出し出来ない関係の人とは付き合わない。

最後に1番の大切な事。
③マインドセット
1.絶対的な自信を持つ。
実現させたい事は必ず実現させる。夢を見ない。
根拠が無くなって自分が1番良い男、1番女を扱うのが上手いって気持ちを持つ。
周りに左右されない、あつしさんの様に人の良い所を常に見る、盗む姿勢を持つ、くだらないプライドは捨てる。
2.男女共に常に尊敬の念を持つ、丁寧に接する。
当たり前の事を当たり前に出来る大人へなる。
瞬間の欲に負けない。
ブロリーさんみたいに男でも大切にするって事を態度で示せる男になる。

某所アポ 直ホ 準即

今回はBBA箱案件
この前即狙ってダメだった子(DKまでは済)
向こうもそれなりに意識はして来るだろうし、久しぶりに直ホをやってみたくなったので挑戦。
俺のやり方で、いつも通りストレートにクロージングする。
去年やってたチャラい系で行く。

21:30
OL子「お待たせー^ ^」
ピー「おー!^ ^シラフで見ても可愛いじゃん!安心したわー」
OL子「笑、お互い様ー」
ピー「お!じゃあ合格点じゃん!俺何点?笑」
OL子「んー30点!」
ピー「10点満点ね!ちょっと褒め過ぎじゃない?」
OL子「100点だから!笑」
ピー「笑、じゃあ好きなタイプはー?」
OL子「優しい人!」
ピー「見た目はー?芸能人で言うと?」
OL子「〇〇!」
ピー「俺優しいじゃん?〇〇に似てるじゃん、、、、あーそれ俺だわ〜笑」

5分程トーク

OL子「てか何処行くの〜?」
⇦このトーク待ってました。
ピー「んー予約してない、俺はホテルで口説きたい、でもOL子があれだったらと思って」
OL子「いきないりホテル笑、やりたいだけじゃん!」
⇦全員が全員言いますよね笑
ピー「そうだよ、別に言い訳しない!笑」
⇦ここで言い訳を追撃しない事、間を埋めるトークは減点される、向こうから喋るのを待つ。
OL子「笑、凄いストレートだね」
ピー「嘘付いてもしょうがないしね。この前キスしたじゃん?笑、凄いしたいと思ったよ、でも仕事だったし諦めた笑、終電まで時間有るし俺にチャンスくれるなら付いてきて、勿論嫌な事はしないし、ダメならダメでホテルで飲もう!笑」
OL子「笑、ピーさんズルいね」
ピー「そう?」
OL子「うん、ズルい」
⇦ここで確信、手を引っ張る
ピー「可愛いね^ ^、、行こ?」

ノーグダ 準即