只の女好き

忘備録

犬スト 即

21:00

f:id:pi_np:20160706195133j:image

ギャル通る

 

ピー「いやぁ惜しいわ!笑」

ギャル子「なんですか?笑」

ピー「流行りのボヘミアンスタイルじゃん?でもボトムが無いわ〜」

ギャル子「失礼!笑」

ピー「だって今だったらダメージ加工のストレートタイプでしょ!」

ギャル子「うるさい!笑、てかなんですか?」

ピー「飲み帰りなんよ^ ^、したら残念なおねーさんいたからアドバイスをと」

ギャル子「要らない笑」

ピー「おねーさんはみんなと逆方向に歩いてるけど何してるん?」

ギャル子「飲んで帰ろっかなーって」

ピー「お!めちゃくちゃ美味しいモヒート有る店知ってる?」

ギャル子「知らなーい」

ピー「ここなんだけど^ ^」

f:id:pi_np:20160706200034j:image

 ギャル子「笑、ここ??」

ピー「とりあえず行こか^ ^?」

 

プロントイン

トークは笑かす方向で進める、楽しい空間を作って相手のピークタイムを探る。

 

ギャル子「ピーさんめっちゃ面白いね!」

ピー「でしょ??ギャル子運が良いわー」

ギャル子「まーねー笑」

ピー「笑、てかこれからどうする?まだ話したくない?」

ギャル子「うん^ ^どっか移動する?」

ピー「ホテルが良い^ ^口説きたくなった」

ギャル子「この流れで?笑」

ピー「嫌な気しないでしょ?それにへそピ見たいし笑」

ギャル子「うーん、、まぁ嫌じゃないかな」

ピー「そうゆう誤魔化さない所良いよね、中々出来る人いないと思う」

ギャル子「笑、本当ズルいね」

ピー「これでも勇気いるんだよ?付いて来て^ ^?トイレ大丈夫?」

ギャル子「大丈夫、行こっか^ ^」

 

27 へそピオネギャル 即 

 

広告を非表示にする