読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

只の女好き

忘備録

某所アポ 直ホ 準即

今回はBBA箱案件
この前即狙ってダメだった子(DKまでは済)
向こうもそれなりに意識はして来るだろうし、久しぶりに直ホをやってみたくなったので挑戦。
俺のやり方で、いつも通りストレートにクロージングする。
去年やってたチャラい系で行く。

21:30
OL子「お待たせー^ ^」
ピー「おー!^ ^シラフで見ても可愛いじゃん!安心したわー」
OL子「笑、お互い様ー」
ピー「お!じゃあ合格点じゃん!俺何点?笑」
OL子「んー30点!」
ピー「10点満点ね!ちょっと褒め過ぎじゃない?」
OL子「100点だから!笑」
ピー「笑、じゃあ好きなタイプはー?」
OL子「優しい人!」
ピー「見た目はー?芸能人で言うと?」
OL子「〇〇!」
ピー「俺優しいじゃん?〇〇に似てるじゃん、、、、あーそれ俺だわ〜笑」

5分程トーク

OL子「てか何処行くの〜?」
⇦このトーク待ってました。
ピー「んー予約してない、俺はホテルで口説きたい、でもOL子があれだったらと思って」
OL子「いきないりホテル笑、やりたいだけじゃん!」
⇦全員が全員言いますよね笑
ピー「そうだよ、別に言い訳しない!笑」
⇦ここで言い訳を追撃しない事、間を埋めるトークは減点される、向こうから喋るのを待つ。
OL子「笑、凄いストレートだね」
ピー「嘘付いてもしょうがないしね。この前キスしたじゃん?笑、凄いしたいと思ったよ、でも仕事だったし諦めた笑、終電まで時間有るし俺にチャンスくれるなら付いてきて、勿論嫌な事はしないし、ダメならダメでホテルで飲もう!笑」
OL子「笑、ピーさんズルいね」
ピー「そう?」
OL子「うん、ズルい」
⇦ここで確信、手を引っ張る
ピー「可愛いね^ ^、、行こ?」

ノーグダ 準即