読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

只の女好き

忘備録

銀スト 連れ出し 負け

むちゃくちゃ可愛い!
ショートカットにスーツが似合う
姿勢良し

この子しか無い!⇦30分声掛ける子居なくて地蔵してました。

着こなし的に保険かな?

雰囲気的に自然な感じが良さそう、、、

しっかりと顔と顔を合わせて、、、

ピー「こんにちはー^ ^」
OL子会釈
ピー「仕事帰りですかー^ ^」
OL子笑顔で会釈して立ち去ろうとしてくる。

んー声掛けなれてる。でもなんとなく隙は有るなー。

ピー「あー、ね!てか断り慣れ過ぎてません?w」
OL子「そんな事ないですよー^ ^お兄さんカッコイイし、私じゃなくてもいけますよー」
ピー「笑、じゃあ選んでくれませんw?」
OL子「笑」
ピー「嘘嘘‼︎単純に見た目がタイプだったんですよ^ ^、これは本当!笑」

OL子立ち止まる

OL子「いやいや笑」
ピー「そんな事嘘付いてもしょーがない!笑少しお話ししたいです!笑」
OL子「えー笑」
ピー「10分だけ!」

ここで20分位話す

ピー「もう19時半!、もしかして帰る所でした?」
OL子「うん、帰りでしたよー」
ピー「まだ話たいから少しどっか入ろー^ ^」
OL子「良いよ、でもすぐ帰りますよー」

カフェイン

ここで40分話す。
特に何も考えずトーク楽しむ。
ピー「てかなんで付いてきてくれたの?」
OL子「声掛けられた時にカッコイイって思っちゃった笑」
で解散‼︎
結局タイプ落ち、、、
負けてますけどね*\(^o^)/*

連れ出し 負け