読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

只の女好き

忘備録

銀スト 即

かなりオーラが有る
スラッとしたスタイル、颯爽と歩く姿、姿勢の良さがまた品性を感じる。

正直一瞬緊張した。

イケるのか??

体が勝手に動いた。


23:30

ピー「こんばんわ^ ^」

女真顔で会釈

ピー「いやー、今週も仕事終わりですね!疲れたぁー、そんな顔して、、、ん?もしかしてデートドタキャンされた?笑」

女「されてないです。」

ピー「まぁしないよね、綺麗だもん^ ^、それに俺はタイプです。」

女「笑」

女止まる

ピー「信じるか信じないかはおねぇさん次第だけどね^ ^、凄いオシャレじゃない?俺もレザーのライダース欲しいんよ笑今年着たくなるよね^ ^」

女「ライダース可愛いですよね、そうゆう関係のお仕事ですか?」

ピー「んーん、俺は〇〇だよ、〇〇とか知ってる?」

5分程和む、連れ出し

トークは仕事の話中心で進める

女8ピー2の比率

女「なんか凄い自信有る雰囲気だよね、モテそう」

ピー「モテないよ(´・_・`)俺自分から行きたいし」

女「そうのんだ、肉食の方が良いよね」

かなり食い付き感じた為、クロージング

ピー「、、、口説かせて?」

女「え、、今日は帰るよ。。」

ピー「今日、口説きたいし抱きたい、それにまだいたいしね^ ^」

女「えー、、」

ピー「悩んでくれてありがとう^ ^ちょっとでも良いと思ってるなら付いてきて、行こ」

ホテル ノーグダ即

広告を非表示にする