読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

只の女好き

忘備録

V2坊主 GT即

24:00

アオキとKURA来日の為、V2へ
3時まで一番前で楽しむ*\(^o^)/*
写真取って貰ったり満喫!

アオキが帰宅した為、ソロにw

クラスタの方とコンビ


ピー「飲む?」

強気子「新しいのじゃないといらなーい」

ピー笑

相方に入って頂く

速攻セパ

(´-`).。oO(流石や

バーカンへ

強気子「奢って!」

ピー「奢るとか無理だわwお前にそんな価値ねーだろw」

強気子「はぁ!ムカつく!」

ピー「つかあのリーマンに奢って貰い」

強気子「あれは良いわw」

距離取って突き放す

こういう子は大体ツンデレなのでw

強気子「てかのどわかいたー、奢ってよー」

ピー「無理だわ、男には奢るけどお前には無理」

強気子「なんで!ムカつく!普通逆だよ!逆!」

ピー「その普通の奴に奢って貰えば?」

腕絡ませてくる

ピー「つかそんなんに拘ってるん?お子ちゃま^ ^」
頭ぽんぽんする

一瞬で女の顔になる

ピー「そうゆうしょーもない事言わん方が良いよ、顔は可愛いだから」

強気子「、、、、」

相方達が戻ってくる

トイレへ行かれる

感覚的に行けると判断して待つ

戻ってまた迅速なセパw

(´-`).。oO(流石やて

強気子「ねぇそろそろ奢って💞」

ピー「頼んで」

強気子「やた、マリブコーク下さい!」

強気子「美味しいー、ありがと」

ピー「可愛いとこあるじゃん、俺と出る?」

強気子「ダメ!友達が心配」

ピー「うるさい」

強気子「うるさくない!携帯ロッカーに一緒に入れちゃってるし」

ピー「俺といたいでしょ?」

強気子「笑」

ピー「www、わかりやすいなーw」

相方達戻ってくる

放流!!!おごって負けや(°_°)w

外へ

3声掛け目

ピー「お疲れ!」

常連子「、、、、」

ピー「なぁなぁKURA来てたの知ってる?」

常連子「知ってるよ、V2いたし」

ピー「そうなん?全然気付かんかったわー」

常連子電話鳴って出る

手を繋ぐ←ノーグダ

常連子「友達が戻って来いだってw」

ピー「そか^ ^なんか寂しくない?」

常連子「うん、じゃあお兄さんは私に何してくれるの?」

ピー「んー何も出来んよw」

常連子「何か価値をくれるの?」

(´-`).。oO(クソテストキタコ

ピー「んなもん自分で考えて、でも俺といた方が価値有ると思うよ」

常連子「何が?」

ピー「例えば」

ここでキスするノーグダ

常連子「欲求不満じゃないんで」

ピー「俺としたいかどうかでしょ?俺は襲いたいw、素直になれば?」

常連子ジッとこっち見る

ピー「もうお前もわかってるじゃんw行くよー」

ノーグダ即

広告を非表示にする